大人っぽくカワイイ☆初心者でもカンタンべっ甲ネイルのやり方

画像引用:ballekarina
2014年秋冬に大流行のべっ甲ネイル。
今後も、この季節にピッタリのネイルアートとして成長し、定番になりつつあります♪

若い方から大人の女性まで、幅広く楽しめる、セルフネイルでべっ甲ネイルのやり方をマスターしましょう!

実は簡単!べっ甲ネイルのやり方

ウミガメの一種の甲羅を加工して製作されたアイテムがべっ甲。
メガネフレームやヘアアクセサリーに時計など、身近な小物に使用されているのを目にしている方も多いでしょう。

あの美しい色合いをネイルアートで表現する方法をご紹介します。

基本的なやり方は黄色系をベースにブラウン系2色とクリアジェルを使ってべっ甲アートを作っていきます。
ベースを塗った後にカラーをのせて、叩くように伸ばします。

2015年春夏の注目、マーブルネイルにも応用できるので、コツを掴んでネイルアートのバリエーションを増やしましょう♡


こちらの動画では、ベースは黄色に少量のボルドーを混ぜることで、赤みのある黄色を作っています。

ランダムにバランスよくブラウンを置き、クリアジェルでぼかしながら全体的に伸ばします。
硬化してこれを2回行うやり方です。
ブラウンの濃淡をつけることがポイントです。


ベースにあらかじめクリアジェルを混ぜているので、べっ甲の半透明感が引き立ちます。
ベースは一度塗りで硬化せずカラーをのせて境目をぼかしていきます。
使用色はカラーを2色のみで、硬化の手順など、とてもシンプルなやり方です。

まずはベーシックなべっ甲ネイルのやり方を身につけてみましょう♪


赤みのあるカラーでベースを作っていくのも素敵ですね。

濃さの違うカラーをのせ、2色の間をぼかすように伸ばしていきます。
黄みの部分を多く見せ、高級感のあるべっ甲の雰囲気に仕上がります。

うまくぼかせなくても、最後に仕上がり良く見せる裏技があります。

ベースを二度塗りではっきりとした色合いにするべっ甲ネイルのやり方です。
こちらも濃さの違う2色のカラーをのせていて、薄めのほうは全体的に伸ばすなど、ぼかし方に違いをつけて仕上がりは落ち着いた色に見えます♪
この動画では、カラーをのせる前にベースジェルを塗るやり方です。


フレンチネイルでもハーフムーン(爪半月)のところから塗る逆フレンチネイルで、違った雰囲気を味わえます。

ベースは2度塗り、キャメル色なので雰囲気がぐっと増します。

カラーをランダムに置き、クリアでぼかしていきます。
ここで硬化せず、さらにたっぷりとクリアを使って力をいれずに厚みをなぞるように筆を動かします。

テクニックは、コツかいりそうです。

流行りのべっ甲ネイルのやり方をご紹介しました♪


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング