狭くても工夫次第で広々☆キッチン収納テクニックアイデアまとめ


食器や調理器具、調味料、食材など、かさばる物が多いキッチン。
広いスペースがあるならまだしも、狭いキッチンだと常に収納スペースの確保に悩まされますよね…。

今回は狭いキッチンで収納に苦労されている方必見!工夫次第で狭くても無駄なスペースを有効活用するテクニック・アイデア集をご紹介します。

お手軽・簡単な方法ばかりなので、是非参考にしてみてください!

空間を上手に活かして片付け上手になりましょう♪

かさばる調味料は壁面を有効に使ってスッキリ収納

調味料や計量カップなど調理中に必要で手元に欲しいけれども、かさばりがちなものは縦の空間を意識した収納をするとスッキリ♪

調理中に、「あれはドコ?」と悩まず手に取ることが出来ると料理の手際も良くなりますよね!

パントリーにボックスを取り付け、かさばり易い食品・調味料etcを種類ごとに分類、スッキリ収納しました。
透明のボックスなので物が一見でき、整理し易いのもグッドです!

キャビネットの扉裏のスペースにフックを取り付け、調理器具をぶら下げ、空いたスペースには棚を取り付け調味料類を収納、空いたスペースを無駄なく活用しています。

壁や冷蔵庫など、空いているスペースにボックスを取り付け、ゴチャゴチャしやすい調味料類を種類ごとに分類して収納、狭いキッ
チンでも、スペースを無駄なく利用できるグッドアイデアです!

調味料を入れたマグネット付の瓶を壁に貼り付けたユニークな収納方法です。
種類ごとにネームプレートを張ってあるので一目で分かり、見た目もオシャレなアイデア収納方法です。

目的や使用用途を考えて収納場所を選択することで効率化を図りましょう。

フライパンの収納は取り出しやすく立てる・吊るすがベスト!

フライパンや鍋の蓋などは場所を取りますよね…。
キッチン上の収納などに入れている方も多いのでは??
調理中に取り出すのが大変だったり、しっかり乾かしてから出ないと収納できないなど大変なことも多いフライパンの吊るすという考え方も♪

かさばって収納しづらいフライパンの蓋はキャビネットの扉裏にフックを取り付け、上手に収納するのがオススメです。

フライパンを吊るして収納することで、空いたスペースを無駄なく活用!これなら取り出しやすく、整理整頓もしやすいですね。

ゴチャゴチャしがちな調理器具は仕切りを使うのが◎

無造作に収納すると、すぐにゴチャゴチャになってしまう調理器具、使いたい調理器具が見つからず引き出しの中をかき回し、探し回った経験はありませんか?

こういった場合、仕切りを作って種類・大きさ別に分類・収納するとスッキリとキレイにまとまります。


出し入れの多い調理器具は毎回探していると料理の効率が落ちますし、片付け時も雑になりがちですよね…。

仕切りを用意することで置き場所が定まるので片付けもラクになります♪

まな板は仕切りで立ててしまえば取り出しやすい!

まな板やトレー、網などはやはり種類別に分類、立てて仕切る収納がオススメです。
場所も取らず、一見できるので、使いたいときもすぐに取り出せますし、整理もしやすくグッドです!

調理中のゴミクズは足元のゴミ箱にポイがオススメ

調理中にわざわざ歩いてゴミを捨てにいくのは面倒!
そこで、キャビネット内にゴミ箱を設置することで、普段は隠して収納、調理中は移動せずにゴミをぽいっと捨てられ楽ちん!
実用的なオススメ収納テクニックです。

以上です!
収納場所を仕切ったり、縦の空間を活用しつつ、しっかりとスペースを確保することでスッキリと効率化してみましょう♪

調理や食後のお片付けも段違いにはかどります!


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング