掃除や洗濯にピッタリ☆万能アイテムセスキ炭酸ソーダの使い方

画像引用:Robert Couse-Baker
つい最近、重層がかなり話題になりましたね。重層の良いところは、アルカリ性でノンケミカルで、あらゆる用途のお掃除に向いている点です。今年話題になっているのはセスキ炭酸ソーダですが、これは重層よりもさらにアルカリ性が強くパワーアップしています。油汚れや匂い消しなど色々な用途で効果を発揮してくれるようです。

話題のセスキ炭酸ソーダで洗濯してみる

軽い汚れであれば、化学物質の洗濯洗剤の代わりにアルカリ性のセスキ炭酸ソーダだけで充分に汚れが落ちるという説明です。セスキ炭酸ソーダを入れて、30分ほど置いてから洗濯機をかければ汚れがきれいに落ちます。ジュワジュワして成分が分解されるのがわかります。話題の重層と比べても洗浄力が高いのがポイント。

油汚れに強いセスキ炭酸ソーダでガスレンジもきれいに!

ガスレンジというと、しつこい油汚れの代表ともいえるところでお掃除に苦労している人が多いのではないでしょうか。
セスキ炭酸ソーダは油汚れにとても強いので、ガスレンジの掃除にもおすすめです。セスキ炭酸ソーダを水で溶いたものを霧吹きに入れて用意しておき、ガスレンジに吹きかけて、ふき取るだけでかなりきれいになります。

セスキ炭酸ソーダで鍋をピカピカにする方法

表面が真っ黒になった鍋もセスキ炭酸ソーダがあればピカピカになります。こちらの動画では、何種類もの大きさの異なる真っ黒になった鍋で実演してくれています。大きな鍋に沸騰したお湯とセスキ炭酸ソーダを適量いれ、汚れた鍋をその中に5分くらい漬けておきます。そしてたわしなどでこするとピカピカになるというもの。セスキ炭酸ソーダは熱いお湯と一緒でさらに効果を発揮します。たわしでこするれるのはステンレス製のものだけで、アルミの鍋は傷がつくのでお勧めではありません。

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽のカビにも効果絶大

このビデオで紹介されている洗濯機は13年の間、一度も掃除したことがないそうです。これに洗濯機いっぱいのぬるま湯とセスキ炭酸ソーダを入れ拡販すると大量の汚れが剥がれて浮き上がってきます。剥がれた汚れは魚用ネットなどで出来るだけ取り出します。洗濯槽ってこんなに汚れているんですね。

寝具の汚れやにおいへの対処法

嘔吐物や子供のおしっこ汚れなどが布団やベッドのマットレスなどに付着した場合の対処法を紹介しています。驚くことに用意するものはおむつです。おむつをその箇所に押し付けると水分をかなり吸収してくれるのです。どうしても匂いが着いてしまった場合は、嘔吐物はセスキ炭酸ソーダを吹き付け、おしっこ汚れにはクエン酸水を吹きかけます。かなり大量に吹き付け、おむつで吸水したあと出来る限り乾燥させます。完全に乾かすことがとても大切なので、干せない場合は布団乾燥機を使うのがおすすめです。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング