自宅で簡単セルフネイル☆自分でできるジェルネイルのやり方

画像引用:Fing’rs
ジェルネイルが主流のいま、セルフネイルも気軽に楽しめるようになりました。
サロンでネイリストのテクニックを見て、今度は自宅でやってみようと思っても、わからないことが出てきたときに皆さんはどうしていますか??

絶対に知っておきたい基本の下準備からオフの仕方まで、分かりやすい動画を集めました。

自宅でセルフネイルを実践する方はぜひ抑えておきたい基本テクニックばかりですのでぜひ参考にしてみてください♪

セルフジェルネイルに必要な道具

まず、これだけはそろえておきたい、必要な道具はこちら。

・ライト(UVとLEDで硬化の時間に差があります)
・ワイプ
・メタルプッシャー
・ファイル
・ダストブラシ
・ジェルクリーナー
・ジェルリムーバー

初めての方は一式揃ったスターターキットの購入もオススメです♪
1万円以下で一式揃えることが出来ます。

キッチンペーパー、アルミホイル、つまようじなど家庭にあるものも使えるので下で紹介している動画を参考にしてみてください。

ジェルネイル下準備からオン⇒オフまで

きれいな仕上がりのためには、下準備が大切です。
手指の消毒→爪の形を整える→甘皮を処理する→ダストオフ→爪の水分油分の除去
この流れを頭に入れておきましょう。

オフの仕方も怠らないで。自爪がきれいでなくては努力もきれいなネイルも台無しです。
表面をサンディングしアセトンを含ませたワイプを爪において、小さく切ったホイルで指先を包み10分程度置く、という作業ですが、アートの仕方によって時間のかかることもあるので、爪を傷つけないように注意しましょう。

下準備ができたら、ベースジェルを塗っていきます。
少量取り薄く塗ります。
硬化し、完全に固まっていなくてもカラーを密着させるためにここではふき取りません。
カラーは二度塗りします。薄く塗って重ねるほうがきれいに仕上がります。
まずは指1本ずつからはじめ、慣れてきたら2本ずつ、4本で硬化というように向上していきましょう。

こちらの動画は約15分。基本の単色塗りとグラデーションやドライフラワーの乗せ方も紹介されています。
ファイルは一定方向にかけましょう。

カラーを塗るとき、爪の中央からはじめる上手に仕上がりやすくなります。
爪からはみ出してしまったら、すぐ除去しましょう。
ホログラムを使ったグラデーションは、爪の先に多くホロをおくようにします。
ドライフラワーやストーンを使用するには、クリアジェルが接着剤の役割をします。

爪の水分油分を除去したあと、ベースジェルを塗る前にプライマーを塗ります。

ホログラムやブリオンを使ったアートをするとき、つまようじか活躍します。

こちらは、下準備からベースジェルを塗るまでの工程に特化した動画です。
いつかは欲しいアイテム、ネイルマシンを使っています。

中級者さんはこちらをどうぞ♪

中級編 カラーグラデーションのやり方です。
フレンチネイルをイメージしながら、先端にカラーを塗ります。境目をクリアジェルでぼかすようにしていきます。
ジェルの量は少量が基本で、重ね塗りする際は最初よりもやや少ない量で塗ります。



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング