ピカピカ綺麗なお風呂で入浴しよう☆風呂掃除のコツ

お風呂は気づくと赤い斑点のような赤カビが生えてしまったり、一度こびりつくとしつこいパッキンに付いた黒カビなど気になりますよね…。
また洗面所もすぐにカビが生えてしまったり、金属部分や鏡にうろこのような汚れがついてしまい、掃除も面倒ですよね。
一日の疲れを癒やしてくれるバスタイム・シャワータイムをより楽しむために、カビや汚れのストレスとお別れしましょう☆
毎日使う場所だからこそ、いつでもキレイで清潔でピカピカな浴室にしたい方必見のお風呂掃除のコツを動画とともにご紹介します♪
簡単に時短出来る方法ですのでぜひ参考にしてみてください。

浴室全体の掃除方法

塩素系のカビ取り剤を浴室に振りまく掃除方法はお手軽ではありますが、換気の程度や体質などによっては気分が悪くなってしまうことも…。


そんな方は重曹を100円均一などで売られている霧吹きボトルに入れて気になる部分にスプレーしましょう。

<重曹を使ったお風呂掃除の方法>


基本のお掃除は重曹スプレーで済ませ、しつこいカビには塩素系のカビ取り剤を活用することで効率的にお掃除が進められます。
また重曹は体への影響が無いため、安心して使える点もメリットの一つです。
水垢や石鹸よごれなどのお掃除にはクエン酸を溶かしたスプレーボトルを一つ用意しても効率的です。

ゴムパッキンに生えたしつこいカビを落とす方法

普通の掃除ではなかなか落とすことのできないゴムパッキンについてしまったしつこい黒カビ…。
簡単に掃除をすることができるのでしょうか。


<ゴムパッキンの黒カビ除去のコツ>
・キッチンペーパーなどを濡らした状態でパッキンに張ります。
・キッチンペーパーの上からカビキラーなどのカビ取り剤をスプレーします。
・カビの程度によってはラップをすると蒸発せず効果が高まります。
・30分ほど放置します。
・それでもとれないしつこい汚れは歯ブラシなどを使ってこすりましょう。
※カビ取り剤の強さによってはパッキンや周辺を痛めてしまう可能性もあるので放置のし過ぎには注意をしましょう。

洗剤では落とせないウロコ汚れの簡単な落とし方


気になるうろこ状の汚れを簡単に取る方法です。
100円ショップで買えるスチールウールだけで、とっても簡単に落とすことが出来ます。
白い汚れって一体なんなのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?
実は、水道水に含まれるミネラル分(カルシウム)です。

<ウロコ汚れ落としの注意点とポイント>
スチールウールでこすった後は十分に洗い流しましょう。
プラスチック部分や傷つきやすい素材などは目立たない部分で試してから行いましょう。
鏡のウロコ汚れも落とせるらしいのですが私はちょっとためらってしまっています。

以上です。
浴室や浴槽の気になる部分のお掃除のテクニックを知って頂けたでしょうか?
いつもの家事の時間短縮、そしていつでもピカピカなお風呂できもちのよい生活を送りましょう☆


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング