春先に最適!大判スカーフの巻き方

画像引用:Stephanie King
大判スカーフは、冬や春先には欠かせないおしゃれアイテム♡

ただ、意外にどうやって巻いて良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回は時間をかけなくても基本の巻き方をちょっとアレンジするだけで、とっても素敵に見える方法をご紹介しています。

シンプルな定番ストールの巻き方

原宿のショップ「スピンズ」の店員が鉄板おしゃれアイテム、大判ストールのシンプルな巻き方を紹介しています。

まずは基本的な巻き方を把握しましょう♪

ストールを片方が短くなるように首にかけ、長いほうで首を一巡します。
裾を中に入れるバージョンとそのまま垂らしておくバージョンの2通りです。

首周りのボリュームアップに繋がるため、全体のバランスを整える役割としても活用できる大判スカーフを上手に使うことでファッションの幅が広がります。

男性にもおすすめです♪
(動画中では男性の巻き方も解説されています。)

以下の動画では薄手の大判スカーフの基本の巻き方が2パターン紹介されています。

ふわっと仕上げるだけでも印象が変わりますね!

コサージュ風のストール巻き方アレンジ

ストールは単に巻くだけではもったいない!
様々な活用法をここからご紹介していきます。

ストールを肩にかけ、ストールの片側の先端部分を丸めて結びコサージュ風にします。
もう片側の先端を丸めたコサージュの中に通します。
これならストールを留めるピンもコサージュもいりません♡

タートルドレープの巻き方

肩をすっぽり包むエレガントなタートルドレープの巻き方を非常にわかりやすく案内しています。

まずは、ストールを細い状態に折り整えてから、首に巻いた状態で、先端からストールを広げて肩を覆っていきます。先端を首の後ろで最初に回した輪っかの中にくぐらせ崩れないようにします。

アフガン巻きの基本とバリエーション

首元にストールの三角形の部分が来るように巻くのがアフガン巻き。
アフガンスタイルの基本の巻き方とそのバリエーションについて紹介しています。

KNOCKANDOの大判ストール

ウールやカシミヤストールの本場スコットランドのKNOCKANDOの大判ストールのご案内。
大判の為、体をすっぽりと包んでくれて暖かいのと、様々なアレンジで巻くことが出来るのが魅力です。

エディター巻きアレンジ

柔らかい薄手のストールの巻き方のご案内。
無造作に縦長にまとめたストールを首に巻く定番のエディター巻きに少しアレンジを加えるだけで、かなりオシャレに見えます。
小顔効果もばっちりの巻き方です。

以上です。
冬はもちろん、夜になると急に肌寒くなる春先もストールを持ち歩くことで寒さ対策にもなりますし、アレンジすることでファッションの幅が広がります!

一歩進んだオシャレんさんを目指して大判スカーフの活用法を試してみてください♪


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング