立体感アップで小顔ゲット☆整形級ハイライトメイクテクニック

画像引用:Maria Morri
ハイライトの入れ方って難しいですよね。

ちょっとでも間違えると全体のバランスが崩れてしまいますしせっかくのメイクが台無しになってしまいます。

今回はハイライトの入れ方のコツをご紹介します。

ハイライトひとつで立体感が出て、さらに小顔効果もあります♡

やり方ひとつで整形並みに印象が変わるハイライトのコツを覚えてさらに素敵なメイクを目指しましょう!

ハイライトはそれぞれのお顔のパーツや全体のバランスによって入れ方が異なるので、ご自身に合ったハイライトの入れ方を選んでみてください。

顔のパーツ別で小顔に見せるハイライトテクニック

こちらの動画は顔のパーツ別でシェーディングの入れ方が紹介されています。

ご自身の気になる部分に上手にシェーディングを入れることでお悩み解消にも役立ちます。

・鼻が長いと感じる人
鼻下にシェーディングを入れましょう

・鼻が短いと感じる人
鼻筋にハイライトを入れます。
鼻が低くて悩んでいる方は、鼻筋にハイライトを入れましょう。

そうすることで鼻を高く見せる効果があります。
大きめのブラシをぎゅっとつまんで、ブラシを細くした状態で色をのせるとより効果的です。

・もっと鼻筋を際立たせるには
眉骨の下付近にシェーディングカラーを入れるとより鼻を高く、まっすぐに見せることが出来ます。
目元を掘り深く見せる効果もあります。

・小鼻を目立たなくする
鼻が大きくて悩んでいる方は小鼻にシェーディングカラーを少しのせると、鼻が小さく見えて効果的です。

・頬骨を目立たなくする
頬骨が目立って悩んでいる方は、3の字を描くようにシェーディングカラーを入れましょう。

・丸顔をカバー
丸顔の方は頬を引っ込ませた状態で色をのせるとちょうど良く仕上がります。

・注意点
ハイライトを入れる上で絶対なのは付けすぎないこと。

少しずつ少しずつ色を付けていくことが一番重要なポイントです。

・仕上げ
シェーディングカラーはしっかりぼかしましょう。
ぼかすことでより自然に、より違和感なく見せることが出来るのでぼかしは必須です。
大きめのメイクブラシを使うことをオススメします。

<シェーディングで小顔を作るコツ>
・シェーディングパウダーの量に注意!
・乗せる時も軽く乗せるようにする!
・こまめにパウダーをとるようにする!

目元のハイライトの入れる位置

顔を長く見せたい時のハイライトの入れ方と面長な印象をぼかしたい時の目元のハイライトの入れ方のテクニックが紹介されています。

目元から頬骨にかけて(三角ゾーン)のハイライトの入れ方

ハイライトを入れることで陶器のようなツヤっとした立体感のある肌を演出するテクニックです。

三角ゾーンへのハイライトの入れ方はこちらも参考になります。

以上です!
ハイライトを上手に使いこなして小顔を演出しましょう♪


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング