さらさらツヤツヤになれる☆正しいシャンプーの仕方

画像引用:popofatticus
美容師さんにしてもらうシャンプーって気持ちいいですよね。
丁寧に洗ってくれて、髪の毛がさらさらになる気がしませんか?
正しいシャンプーをすることで、髪の毛はさらさらで艶めかせることができます。
【さらさらツヤツヤになれる☆正しいシャンプーの仕方】を動画付きでご紹介します。

美容師から学ぶ正しいシャンプー

まずは、日頃美容室でしてもらっているシャンプーの仕方を拝見しましょう。
美容師さんは、いつもこんなに丁寧に時間をかけて洗ってくれるのですね!
毎日丁寧に洗うことで、さらさらでつやつやになるだけでなく、髪の毛1本1本が太くたくましくなります。
面倒とは思わずに毎日髪の毛をいたわるようにシャンプーしてあげましょう☆

ポイントをおさえてトライ


最初に水洗いをします。ただ髪の毛を水で流すだけではなく、1分ほどかけて髪をもみ洗いしましょう!
水洗いで髪についた汚れを落とすのはもちろん、シャンプー液の成分が髪の奥深くまで行き渡るようにする目的があります。
シャンプーの際には、頭皮の毛穴を意識するようにしましょう☆
髪に整髪料やワックスなどをつけている方は、水洗いのあとに一度少量のシャンプーで軽く洗い流してもよいでしょう。
整髪料やワックスが髪の毛についたままだと、シャンプーの泡立ちが悪くなってしまいます。


髪の汚れを落としたら、いよいよシャンプー液をつけて洗います。
シャンプー液を適量とり、手のひらで軽く伸ばして髪の毛全体につけます。
髪の毛につけたら、しっかりと泡立てましょう。
そして、その泡を地肌につけるようにして洗います。髪の毛を洗うというよりは頭皮を洗うようなイメージで、泡を使って細かく頭を掻くようにして洗いましょう。


頭皮を綺麗に洗うことで、毛穴のつまりが改善されて髪の毛にハリとコシが出てきます。
シャンプーをしている時は、顔まわりの生え際や耳の後ろは洗うのが忘れがちなところです。
洗い残しがないように、部分ごとに丁寧に洗いましょう。洗い終わったら、今度は水で流していきます。
洗ったときと同じように、丁寧に洗い流しましょう!
流し忘れがあると、頭皮についたシャンプーが毛穴につまってしまい、かゆみの原因になるので気をつけましょう。


シャンプー中は髪が絡まらないように、気をつけて洗うようにしましょう。
それでも髪の絡まりが気になる方は、シャンプー前にブラッシングをしておきましょう☆
また、シャンプー後にコーミングすることでキューティクルが整うのでオススメですよ♪
タオルドライするときや、ドライヤーでブローするときも髪の毛の絡まりには注意して、さらさらな髪の毛を目指しましょう。

いかがでしたか?
毎日おこなっているシャンプーですが、意外と正しいやり方を知らない方は多かったのではないでしょうか?
今日からは正しいシャンプー方法で、頭皮や髪の毛一本をキレイに保つようにしてみましょう♪


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング