触れたくなる艶髪を作る!正しいブローのやり方

画像引用:Rebecca Röske
女性なら誰もがツヤツヤでサラサラの髪の毛に憧れますよね。
思い通りにならない髪に悩んでいる方も多いと思います。
そんな方は必見!髪の悩みは、ブローのやり方ひとつで解決できます!
ついつい手を抜いてしまいがちなブローを見直して、美しい髪を手に入れましょう。
【触れたくなる艶髪を作る!正しいブローのやり方】を動画付きでご紹介します。

まずは基本のブローをおさらい

あなたは正しいブローができていますか?
ドライヤーをあてながら髪の毛を綺麗にブラシでとかすのって、慣れるまでは難しいですよね。
特に髪の長い方や量の多い方は大変です。
毛先までとかすのを忘れてしまったり、髪の内側は手を抜いてしまったりすることもあるかもしれません。
そんなときは、髪の毛をブロッキングして、ブロックごとに丁寧にブローしていきましょう♪

パサつく髪を抑えて艶髪を作る

カラーリングやパーマなどでダメージを受けている髪は、どうしてもパサついてしまいます。
特に冬場の乾燥している時期は、お肌と同じで髪の水分が足りない状態になることも・・・。
シャンプー後に髪の毛を乾かしてみたらパサパサになってしまった、なんて経験ありますよね??
だからと言って、髪を半乾きにしておくと、さらに髪が傷んでしまいます。
濡れた髪は早めに乾かすことがポイントです!

ロールブラシを使って、内側に髪の毛を流すようにブローをすると、広がりを抑えることができます。
顔を傾けると髪の毛を内側にもっていきやすいので、うまく流せない方は試してみるとよいでしょう。


こちらの動画ように、ブローの前にヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどをつけると、髪の毛がよりしっとりまとまります。
潤い不足の髪には必須ですよ!

ふんわり前髪で艶髪を作る

前髪がペタっとしてしまったり、横に流したいのに真っ直ぐになってしまったりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
特に地毛がストレートの方は、クセをつけるのが難しいかと思います。
そんなときは、はじめに流したい方向とは逆の方向に髪をブローしましょう!
髪本来の流れに逆らったところで、今度は流したい方向へブローするとクセがつきやすくなるので、ふんわり自然に仕上がります♪

くせ毛を伸ばしながら艶髪を作る

地毛がくせ毛だと、ブローだけでは髪のセットはできないと思っていませんか?
ヘアアイロンが必須な方もいると思いますが、髪に与えるダメージはなるべく少なくしたいものですよね。
くせ毛を伸ばしながら丁寧にブローすることで、ストレートヘアは作れます☆
少し時間はかかりますが、髪のためにもブローでセットをしてみましょう!

いかがでしたか?
艶のある美しい髪は女性らしさの象徴のようなものです。
男性も意外と女性の髪をチェックしていることも多いようです。
常にツヤツヤでキレイな清潔感のある髪をキープし、女性らしさをアピールしちゃいましょう☆


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング