目元が劇的に変わる☆ぷっくり涙袋メイクで印象的な瞳を作る

目元にあるとないとでは大きく目元の印象が変わってくるのが涙袋。
最近人気のある芸能人でも涙袋がある方が多くいますよね!
今回はカンタンに涙袋をメイクで作っていく方法をご紹介します☆

涙袋が与える効果

涙袋とは目の下にあるぷっくりしたところのことを言います。
これがあると目の錯覚で目が大きく見えてしまいます。
また、常に微笑んでいるような優しい印象を相手に与えたり、セクシーな印象を与えてくれるので男性ウケもかなり期待できます☆
ナチュラルで立体感のある涙袋を描いてぱっちりとした可愛い目元を演出していきましょう!

涙袋の作り方

パウダーで目の下5ミリくらいのところに影を入れていきます。
目の中心、目尻、目頭の順で塗っていくと自然なラインを引くことができます。
涙袋の影を入れた後は必ずブラシでぼかしていきましょう!
膨らんだ部分を描くときはペンシルで色を付けた後にパウダーを重ねると、より内側から輝くような自然で立体的な仕上がりになります。
こうすることで涙袋メイクを長持ちさせる効果も期待できます☆
また、下まつげにマスカラをつける時は、せっかく作った涙袋が目立たなくなってしまわない様、少しだけ控えめに付けるようにしてみましょう。


こちらの動画の最後では、いろいろなイメージの涙袋を紹介しています。
涙袋を作ることにより、目をとっても大きく見せることができます。
また目の幅が広がって見えると顔の面積が狭くなるため、かなりの小顔効果も期待できますよ♪

今手元にある道具を使って涙袋を作る方法

今メイクポーチに入っている道具だけで涙袋を作るメイクテクニックです。
新しい道具を買う必要がないので誰でもすぐに始められますね☆
こちらはアイブロウペンシルを使った方法です。
使うのは、アイブロウペンシル、綿棒、ハイライトの3つだけ!

こちらはゴールド、ブラウンのアイシャドウを使って涙袋を作っています。
目尻側が濃くなるようにしっかりめに、アイシャドウをいれていきしょう。

より立体的に見せる方法


初めに下まぶたにアイシャドウベースをつけることにより、目元全体が明るくなり、涙袋メイクの色をしっかり出すことができます。
影の部分、膨らんだ部分ともに二色ずつ重ねてぬっていましょう。
色を重ねることにより、自然で立体的な仕上がりになりますよ♪

もしつけすぎてしまったり不自然さがある場合は、ブラシなどできちんとぼかして、あくまでも初めから涙袋があるかのように演出しましょう。

いかがでしたでしょうか?
どのメイクテクニックも、とても簡単に涙袋を作ることができます。
早速このメイクテクニックを試して、今スグあなたもぷっくり涙袋になりましょう☆


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング