簡単カワイイ☆男ウケバッチリなフレンチネイルのやり方

画像引用:Nic Senior
意外と人から見られることの多い指先。爪がきれいだと美しく見えますよね。
特にフレンチネイルはシンプルで上品な印象を与えるので男ウケもばっちりです。
ネイル初心者さんでも簡単にできる簡単でカワイイフレンチネイルのやり方を動画付きでご紹介します。

ネイルポリッシュの基本の塗り方


まずはこの動画でフレンチネイルの基本の塗り方を学びましょう。
ネイルポリッシュの基本は2度塗りです。
重ねて塗ることで、色の発色がよくなります。
フレンチネイルでは、1度目はカーブの幅を決めながら丁寧に薄く塗り、2度目でラインを整えながら塗るといいですね。

ジェルネイルの基本の塗り方


ジェルネイルでも基本は同じです。
ジェルネイルの場合は、1度目を塗ったあとに硬化し、そのあとに続けて2度目を塗りましょう。
筆はフレンチ用の毛が斜めになっているものを使うと、ラインが作りやすいです。


こちらの動画では、毛がまっすぐの筆を使ったやり方も紹介しています。
まっすぐの筆の場合は、最後に余分なジェルを拭き取って形を整えるとキレイに仕上がります。

アイディア次第で簡単フレンチ


こちらの動画では、5種類のフレンチネイルの作り方を紹介しています。
筆が斜めになっているフレンチネイル用のネイルポリッシュは便利ですよね。
筆が大きめなので、爪が長い方ですとキレイにできるかもしれません。
水性のポリッシュは、修正可能なので何度かやり直すことができます。


ネイルポリッシュひとつでキレイにできればいいのですが、なかなかうまくいかないこともあると思います。
特に、利き腕と逆の手を使ってラインを書くのって難しいですよね。
そんなときは、ガイドテープを使ってみましょう。
フレンチネイルにしたい幅に合わせてガイドテープを貼ると、誰でも簡単にキレイなフレンチネイルができます。
市販でフレンチネイル用のガイドテープが販売されているのでそれを使うのもいいですが、専用のものでなくても工夫をすれば代用できます。
100円ショップなどで売っているファイル穴の補強シールは安くて枚数が多く、コスパがいいのでオススメです。


このように、既に持っているマスキングテープを丸く切って使うのもいいですね。
ガイドテープを使うときの注意点は、厚塗りしすぎないことです。
厚塗りしてしまうと、ガイドを剥がしたときにフレンチ部分がぼこっと浮き出てしまいます。
いろいろなものを工夫して使い、自分がやりやすいやり方を見つけてみましょう。
また、最後に細筆のラメポリッシュで線を書くと、ラインがキレイに整うのでオススメです。
フレンチネイルの定番ホワイト以外にも、カラーひとつで印象が変わります。好きな色を見つけてフレンチネイルに挑戦してみましょう。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング