簡単ナチュラルメイク☆自然なアイシャドウで目元パッチリ

メイクをするときに多くの人が力を入れているのがアイメイクではないでしょうか?
アイメイク一つで顔の印象は大きく変わってきます。
今回は時間をかけずに簡単に目元をパッチリ見せるアイメイクをご紹介していきます。

あまり時間をかけずにデカ目を作る

アイシャドウパレットの一番明るい色をアイホール全体に塗り、次に明るい色を一色目より少し小さめに塗ります。
アイライナーで上まぶたのラインを引いた後に、アイラインに重なるように締め色(一番濃い色)を塗っていきましょう。
最後に締め色をなじませるようにして二番目に暗い色をのせたあと、涙袋用のカラーをのせていきます。
涙袋は真っ白のシャドウを使うと子供っぽくなってしまうので避けましょう。
次に下まぶたの目じりから三分の一くらいまでラインを引きます。
ラインを引いたら必ず締め色のアイシャドウでぼかすことがポイントです。
こうすることによってアイラインが浮くのを避け、ナチュラルなメイクにすることができますよ☆

少し順番が違いますがこちらも基本は同じです。
目の際にしっかりと締め色を入れて、上まぶたがグラデーションになるようにアイシャドウを塗っていくのがポイント♪

アイラインのないバージョンです。

アイシャドウを強調したメイク

二重まぶたの際と下まぶた全体ににボビーブラウンのクリームアイシャドウを塗っていきます。
クリームなのであとから伸ばしたりぼかしたりしやすいです。
締め色のシャドウを目じりから下まぶたにかけてCゾーンに付けるようにぬっていきます。
次に明るめのシャドウを目頭側に塗り、先ほどの締め色のシャドウとブレンディングするように塗っていきましょう☆
下まぶたの目頭にも伸ばします。
ペンシルのアイライナーは目の際、インラインと、下まぶたの目じりから三分の一に引いた後にブラシでぼかしていきます。
ペンシルでラインを引きブラシでぼかすことですごく自然なアイラインができ、パールのアイシャドウで目元が際立ちますよ。

ピンクシャドウを使った大人メイク

女の子なら大人メイクといえどもピンクも使いたい。
でもピンクシャドウを使うと目元がぼんやりしてしまいがち。
そんなときはこの方法を使えばピンクシャドウでも大人っぽい目元パッチリメイクができます。

アイホール全体に広げるライトカラーはラメが細かいものがお勧め。
そうすることで目元全体がパッと明るくなり、その後にのせていくシャドウの色もきれいに出ます。
ブラウンを入れた後に目の上下まぶたの真ん中にピンクシャドウを入れていきます。
最後に目じりをブラウンで締めればピンクを使っても子供っぽくなりませんよ♪

いかがでしたでしょうか?
しっかりと作りこんだ濃い目のメイクもいいですが、たまにはゆったりとしたナチュラルなメイクもいいかもしれませんね☆


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング