超簡単!シェーディングテクニックで超小顔&脱のっぺり顔

画像引用:Anina Abola
欧米人とまで行かなくても、ハーフタレントさんのような適度に彫りが深い顔立ち。
憧れちゃいますよね♡

もう少し小顔にしたい…。
面長や丸いフェイスラインをキレイな卵型にしたい……。

シェーディングは、そんな願いを手軽に簡単に叶えてくれるメイクテクニックです☆

ポイントシェーディングで、簡単に脱・のっぺり顔!

顔の各パーツを意識したポイントシェーディングを上手に入れることでハーフのような、ほどよい彫りの深い顔立ちになれます。

<ポイントシェーディングのやり方>
・唇の下にハイライトカラーのクリームを塗ります。
・Tゾーンと頬骨の高い部分にハイライトパウダーをブラシでささっと置きます。

・ブラウン系のパウダーをこめかみからあごまでのフェイスラインに幅広く広げます。
そして頬骨からこめかみへも斜めにくるくるとブラウン経のパウダーを広げます。

手順はたったこれだけ!
いつものメイクにプラスすれば簡単にのっぺり顔を解消できます☆

まずはポイントシェーディングでご自身のお顔立ちとのバランスを把握しながら本格的なシェーディングに進んでいきましょう。

本格的にシェーディング!「超」小顔、ハーフ顔の出来上がり

こちらの動画はシェーディングのみが重点的に解説されています。

■フェイスラインのシェーディング
・口元を思い切りすぼめて出来るラインの延長・耳の前あたりから入れます。
・始点からさらに額に向かってシェーディングしていきます。
(面長の人は、縦のラインを強調してしまうため、省きます。)
・始点からあご先までフェイスラインに沿ってシェーディングし、あごの裏、さらには反対側のフェイスラインへと伸ばしていきます。

■ ノーズラインのシェーディング
・眉の下付近から入れ始めます。
・鼻の根元が低い人は眉下部分を広めに、さらに彫りを深く見せたい場合は、目頭までの部分まで広げます。
・さらに鼻筋を通したい場合は、眉下からブラシを鼻筋のサイドに沿わせます。

シェーディングを自然な仕上がりにするコツ

やりすぎたシェーディングは不自然なだけでなく、隠したいラインが余計に目立って逆効果です。

この動画では自然に仕上がるシェーディングのコツを紹介しています。

<シェーディングを自然に仕上げるコツ>
・ 大きめのブラシに、しっかりパウダーを含ませましょう。
・ 入れるのは、まずあごの裏から!
・ あごからこめかみへシェーディングし、髪の生え際から髪の合間にまで入れます。

面長さん必見!シェーディングで理想の卵型に

面長さんの場合は額とあご先にシェーディングする事で顔の長さをカバーすることができます。

耳の下からあごに向けてのフェイスラインにシェーディングすると、縦のラインを強調することになりますので避けましょう。

<卵型フェイスに近付けるシェーディングのコツ>
・ハイライトを横長の並行ラインにする。
・チークは高めの位置に入れる。
・縦のラインを強調しないように注意する

一手間を加えると、より理想の卵型フェイスラインに近づけます。

丸顔をシャープな印象にするシェーディングテク

■頬と鼻筋、フェイスラインをシェーディング
・理想の顔型(例えば卵型)からはみ出している部分を削るイメージでこめかみからあご先まで、「バッサリ」とシェーディングします。

・鼻筋のシェーディングは控えめに。
それに対して鼻筋のシェーディングは目立ちやすく、「やりすぎ感」を与がちなため、控えめに入れるのがコツです。

・頬もシェーディングします。丸顔の方は、斜め上に向かって入れるのがコツです。

■ハイライトを入れる
・目の下の三角地帯・頬骨の上・目尻の下にハイライトを入れることで、立体感がいっそう際立ちます。

以上です。

顔立ちに合わせたシェーディングのテクニックを身につけてナチュラルかつ、メリハリのある顔立ちを目指しましょう♡


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング